忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会ボランティア
  3. 記事詳細

市民が定住PRサイト開設

 2011年05月14日 
赤穂の定住促進PRサイトを開設した越智通彦さん
 5年前に夫婦で市外から移住してきた男性が、定住地としての赤穂の魅力を伝えるウェブサイトをこのほど個人で立ち上げた。制作した中広の越智通彦さん(70)は「赤穂ほど住みやすいまちはない。体験者の立場で情報発信し、定住促進に少しでも役立ちたい」と話している。
 サイト名は「赤穂においでよ!」。気候データをはじめ財政、医療などの自治体ランキング、主なイベントなどを掲載している。「まずは下見がてら観光にきてほしい」と名所、旧跡も写真付きで紹介。日ごろの散歩にカメラを持ち歩いて撮りためた写真を活用した。
 尼崎で約30年間、小売業を営んだ越智さん。還暦を過ぎたころから、「いずれは、もう少し静かなところで余生を過ごしたい」と考え、休日になると車に折りたたみ自転車を積み、妻の恵子さん(70)と滋賀県の湖西地方、淡路島など候補地へ見学に出掛けた。赤穂は知人からの紹介をきっかけに3度下見。「自転車で買い物にも図書館にも行ける」という“まちの平坦さ”が決め手となり、「赤穂市民」になることを選んだ。
 「思ったとおりの快適さで言うことなし。ここを選んで本当によかった」と夫婦とも満足の日々。「このすばらしいまちの人口減を何とか食い止められないものか」との思いがふくらみ、過去に趣味のホームページを自作した経験を活かした。
 サイトには、市内の主な商業施設、不動産業者のリンク集など「自分が定住地を探していたときに欲しかった情報」を盛り込んだ。9桁の数字をパソコン入力すれば地図情報が表示される「マップコード」も付け、土地感がなくても困らないように配慮した。
 「今後も随時更新し、トレッキングコースや郷土料理を紹介するページを増やしたい」と越智さん。「定住地として絶対の自信を持って勧めることができるまち。情報を発信する一本のアンテナでありたい」と話している。
 越智さんのホームページは主な検索サイトで「赤穂においでよ」のキーワードでヒットする。URLはhttp://www.ab.auone-net.jp/~tadeho48/
<前の記事


関連サイト:
■赤穂においでよ!


掲載紙面(PDF):
2011年5月14日(1943号) 1面 (9,664,848byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中