忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 政治
  3. 記事詳細

自治会連合会が市議削減を要望

 2011年03月30日 
議員定数削減の要望書を提出する睦谷博・市自治会連合会長(右)
 赤穂市自治会連合会(睦谷博会長)は30日、議員定数削減を求める要望書を赤穂市議会へ提出した。同連合会が議員定数についての要望書を出したのは平成20年以来で、今回が3度目。
 要望書では、「当市と同規模の他市でも、定数16または15に改正されている」と県内自治体と比較した上で、「さらなる議員定数削減の要望書提出を9地区自治会連合会長会で全員一致で決議した。自治会を代表して切に要望します」としている。正副会長計4人が議長室を訪れ、松原宏議長に手渡した。
 睦谷会長は「人口8万人台の三木市でも定数20から18への削減を決定した。5万人台の赤穂市が20のままというのはいかがなものか」と話し、最低でも18以下にすべきとの考えを示した。松原議長は「他の自治体が減らしているから赤穂市も、という話ではないのではないか」などと語った。
 同連合会は、上郡町との合併が住民投票で否決されたことを受け、平成19年10月に定数24(当時)を18に削減する要望書を提出。その半年後にも再び要望した。20年3月議会には「20」と「18」の2案が上程され、賛成多数で「20」に決まった。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2011年4月2日(1939号) 1面 (8,760,281byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 政治 ]

コメント

市会議員なんか選挙の時だけ頭を下げて、あとはふんぞり返っているだけ。
だから赤穂は良くならないんだ。
もっと市民の為に身を粉にした働くべきだし、自分達の保身だけ考えないでほしい。
定数削減と報酬削減は絶対に必要だと思います。
報酬は議会出席分だけの日当にしたらどうですかね?
投稿:市民 2011年04月09日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 議員定数協議「現状維持」が大半←自治会員(01/26)
  • 【社説】赤穂市議会の「真摯」に注目する←改革派(01/25)
  • 議員定数協議「現状維持」が大半←一自治会員(01/25)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中