忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

被災の母を救援、男性が体験語る

 2011年03月28日 
住民約200人が参加した塩屋東自治会の防災訓練=自治会提供
 塩屋東自治会(山田春美会長)の防災訓練が27日、塩屋第3公園であり、住民約200人が参加した。
 同自治会は平成19年の自衛防災隊発足を機に、毎年春と秋に訓練を実施している。今回は「山崎断層地震による大火災発生」を想定。中学生、主婦、消防団など、さまざまな世代や立場の住民が消火、救出救護、炊き出しなど非常時の行動を体験した。
 参加者の一人、通訳業の姉帯仁(あねたい・ひとし)さん(62)は、宮城県仙台市の実家で東日本大震災に遭った実母(89)を11日間救援。ライフラインの復旧を見届けて2日前に帰穂したばかり。訓練参加者を前に現地での体験をスピーチした。
 「避難所支援はもちろんだが、自宅に残された独居老人、高齢者夫婦へのサポートも課題と感じた」と姉帯さん。「万一のときにパニックを起こさないためには訓練を真剣にやっておくことが大切。『どうせ大丈夫』という油断が一番危ない」との言葉に実感がこもっていた。
 なお、同自治会は当日の参加者から募った震災義援金3万911円を本紙「陽はまた昇る募金」へ寄託した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2011年4月2日(1939号) 3面 (8,760,281byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 塩屋地区 ]  [ 社会 ]

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中