忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. コラム「陣太鼓」
  3. 記事詳細

コラム【陣太鼓】納得できる税金の使い方とは

 2008年04月19日 
 ある政治学者が言うには、政治とは「民から集めた税の再分配」だという。世の中にはさまざまな立場や考えの人がいる。その中で誰もが納得するように分配することは至難の業だろう▼市は昨年から行財政改革の一環として事務事業評価を始めた。限られた予算をいかに有効に使うか―。今後はよりシビアな取捨選択を強いられよう▼西部診療所も健康カレンダーも「税の再分配」の一つだ。西部診療所の赤字額とカレンダーの印刷費はどちらも100万円代。「治療」と「予防」で目的は異なるものの、どちらも広く「健康」という分野に属する。どちらか一方をやめなければならないとすると、どちらを優先すべきなのだろうか▼西部診療所の廃止について病院は「赤字が主な理由ではない」とするが、過去の議会議事録を見ると、もっぱら「不採算だから廃止すべき」との意見しか出ていない▼「不採算」で言えば、その最たるものが駅周辺整備事業だ。市が公表している民事再生に伴う市の負担総額は約31億7000万円。西部診療所の赤字額を2000年以上補える金額である。失政の重大さを改めて思い知らされる。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2008年4月19日(1791号) 1面 (6,710,911byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《城南橋贈収賄事件》「市政の信頼回復に全力で」市長訓示←厳罰(09/18)
  • 《城南橋贈収賄事件》「市政の信頼回復に全力で」市長訓示←どうせ削除されるでしょうが…(09/18)
  • 《城南橋贈収賄事件》「市政の信頼回復に全力で」市長訓示←頑張れ赤穂市役所(09/18)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中