忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. コラム「陣太鼓」
  3. 記事詳細

コラム【陣太鼓】“県境なき地域活性”に期待

 2010年11月13日 
 ▽“県境なき地域活性化”に取り組んでいる若手商工業者グループ「地域青年義連 士〜SAMURAI〜」(矢野英樹会長)から、「オリーブの新漬け」の試作品をいただいた
 ▽小豆島では学校給食に出るほどポピュラーな食べ物だが、これまでと異なる点は漬け込む塩が赤穂産で、容器が備前焼であること。まさに“県境を越えた一品”だ
 ▽「人と情報の玄関口になろう」と今年7月に発足した同グループには赤穂、上郡、備前、小豆島の有志約50人が名を連ねる。志を持つ者同士の出会いや交流が、まちおこしアイデアの宝庫となりつつある
 ▽試作品は通常品よりも味がまろやか。仕込み水を備前焼のかめで浄化し、さらにまろやかさを引き出す工夫も検討中という
 ▽摘み立ての新鮮な実しか使わない「オリーブの新漬け」は毎年10月10日が解禁日。来秋に発売されるころには新漬けの味と同様、地域間の交流も一層融合が進んでいることだろう
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2010年11月13日(1919号) 1面 (8,323,291byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

来年の収穫時には、みなさんのお手元に届けられるよう、オリーブ製造元様、製塩メーカー様、備前焼作家様のご協力のもと、多数製造できるように頑張ります!
四国香川小豆島、中国岡山備前、近畿兵庫赤穂の3地区融合の一品の味をお楽しみに!
投稿:矢野 英樹 2010年11月13日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 議員定数検討「今年度中に結論」←市民(12/07)
  • 内匠頭切腹の地ゆかり「田村銀杏稲荷」再建←堤 貴恵(12/07)
  • 「産廃処分場は『環境犯罪』SNSで発信を」←よく考えて(12/06)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中