忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

めい想でストレス発散

 2010年01月31日 
めい想のメリットを話すタニヨーさん
 タイ出身の僧侶から、めい想の要点を教わる催しが31日に赤穂市民会館であり、約30人が体験した。
 タンマガーイ寺院日本別院の総住職補佐で日本に留学中のコンカーラッタナラック・プラポンサックさん(32)=法名・タニヨー=が来穂。
 オレンジ色の法衣をまとったタニヨーさんは、めい想中の脳を撮影したMRI画像をスクリーンに映し、科学的に能波の変化を紹介。「心の安定と集中を図ることでストレス解消にもつながる」と実技へ移った。
 「すべての幸福が体に入り、逆に悩みや悪いことが出ていくことをイメージして」と呼吸時の気持ちの持ち方を指導。「両親の顔や好きな果物などを思い描きましょう」と意識集中のコツを伝えた。
 「心や考え方が変われば、言葉、行動、習慣、性格、そして運命が変わる」とめい想から始まる連鎖を説いたタニヨーさん。「めい想は宗教ではありません。誰でも、いつでもできるので続けてみて」と話した。
 夫婦で参加した北野中の吉川憲正さん(78)は「いやなことを忘れて気持ちがスッとした。健康にも役立ちそう」と明るかった。
 体験後、参加者らはグリーンカレーとタイ風卵焼きの調理実習を行い、会食で交流した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2010年3月6日(1885・1886号) 4面 (14,306,337byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 大正初期の八幡宮祭礼 絵葉書が現存←屋台練り(10/24)
  • 電光表示で安全運転呼び掛け←アオリダメ(10/24)
  • 大正初期の八幡宮祭礼 絵葉書が現存←赤穂民報(10/24)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺