忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. ボランティア
  3. 記事詳細

「あきらめない心伝えたい」竹馬で日本縦断

 2009年11月14日 
竹馬で日本縦断に挑戦中のマイケル・タンさんと実希さん夫妻。リュックにつけたオランウータンのぬいぐるみが募金を呼びかけるボードを持っている
 絶滅の危機にあるオランウータンの保護を呼びかるため、竹馬で日本縦断しながら募金活動に取り組んでいる千葉県八千代市の夫婦が14日、赤穂に到着した。
 渋谷教育学園幕張で英語を教えるマイケル・タンさん(32)と妻実希さん(31)。
 マイケルさんは昨年2月、環境学習の授業で森林伐採によって絶滅の恐れがあるオランウータンの窮状を取り上げたが、生徒たちが「私たちにはどうすることもできない」とあきらめの言葉を口にしたことにショックを受けた。
 「不可能に思えることでも、あきらめなければやり遂げられることを伝えたい」と夫婦で相談。実希さんの発案で「竹馬で日本縦断」を決意した。
 近所の山から切り出したタケで竹馬を手作り。2人とも竹馬経験がなく、約2カ月間の特訓を積んだ。マイケルさんは学校の了解を得て1年間休職し、実希さんも「ともに挑戦したい」と仕事を退職。今回のチャレンジにかける2人の強い意思が感じられる。
 今年7月1日に北海道の宗谷岬を出発した。急な階段など足場が危険なところ以外は竹馬に乗り、一日平均15キロを南下。鹿児島県の佐多岬まで約3000キロの踏破を目指す。
 野宿することもあり、食料や衣類などを詰め込んだ約20キロのリュックを背負っての過酷な歩行。足の甲を固定するひもが切れるなどのアクシデントで転倒することもしばしばで、すり傷と筋肉痛に耐えながら挑戦を続けている。
 順調なら年内にゴールできる予定だ。「絶対に最後まで歩き切って、身をもってあきらめない心の大切さを示したい」とマイケルさん。2人が挑戦を始めてから、教え子たちが学校の文化祭で自主的に募金活動を行うなど、その思いはすでに伝わり始めている。
 集まった募金はオランウータン保護活動NPO「BOS日本」へ全額寄付する。


関連サイト:
■マイケルさん夫妻のブログ


掲載紙面(PDF):
2009年11月28日(1872号) 4面 (9,761,205byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中