忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

マンション火災に高所放水車出動せず

 2008年02月23日 
 2月12日夜に加里屋の9階建てマンションで発生した火災で、高層建築物での火災だったにもかかわらず、高所放水車が出動していなかったことが本紙の取材でわかった。市消防は「逃げ遅れた人がおらず、出動の必要がなかった」と話すが、火災出動時の対応を定めた市消防計画では、「5階以上の火災の場合は高所放水車を出動させるのが原則」になっており、対応に問題がなかったかどうか疑問だ。
 消防によると、第1報が入ったのは同日午後9時27分。マンション近くの人から「5階の部屋から火と煙が見える」という内容の通報があった。
 当時、消防署の当直者は15人。そのうち3人は別の救急事案で出動、2人は通信指令係のため、残りの10人全員が水槽付きポンプ車とポンプ車に分乗して5分後に現場に到着し、9時50分に鎮火した。その後の調べで、つけたまま外出したロウソクが倒れて燃え広がった可能性が高いことがわかった。
 消防は高所放水車を出動しなかった理由について、「逃げ遅れた人がいなかったため」と話すが、それが確認できたのは、現場到着した隊員と外出先から戻ってきた部屋の住人とが遭遇したとき。第1報が入った時点では、「逃げ遅れた人がないとはいえない状況」だった。
 また、10人いた署員をポンプ車2台と高所放水車の合計3台に分乗して同時出動することも可能だったことが判明。消防は「高所放水車も同時出動させるのが理想」と認めつつも、「消防活動はケースバイケースで判断ミスではない」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2008年2月26日(1781号) 1面 (8,993,979byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • ひとり親家庭にランドセル購入費助成←そもそも(01/24)
  • 「国内最高技術の石積み」赤穂城の櫓台←赤穂大好きっ子(01/23)
  • 「国内最高技術の石積み」赤穂城の櫓台←ひかり(01/20)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中