忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

【読者の声】今夜の食卓にカキ料理はいかが?

 2008年02月23日 
とってもおいしい「カキのみぞれ鍋」と秋岡さん
 読者から、「2月9日の民報に載っていた『カキ料理コンテスト』の優勝メニューの作り方が知りたい」との要望があり、考案者の秋岡安子さん(61)=上郡町=に「カキのふわふわ揚げのみぞれ鍋」のレシピを教わった。材料と作り方は次のとおり。
 【材料・4人分】カキ12個、サトイモ3〜4個(大きめ)、卵1個、ダイコン1/2本、ネギ3本、ゆず味噌大さじ4〜5(味噌にユズのしぼり汁大さじ1と皮を少しすり、混ぜ合わせたもの)コーンスターチ大さじ3、小麦粉適量、塩少々、油適量、少し濃い目のだし(だし昆布10センチ角2枚、酒、みりん、うす口しょう油、塩)
 【作り方】(1)カキは塩水で洗い、さっと下ゆでして水切りしてゆず味噌に漬け込む。(2)皮をむいたサトイモをおろし金ですり、卵、コーンスターチ、塩を加えてすり鉢でする。(3)1のカキに小麦粉をつける。(4)油を170〜180度に熱し、2の衣をまぶしたカキを1個ずつ入れて揚げる。(5)土鍋にだし汁を作り、ダイコンおろし、油で揚げたカキ、小口切りしたネギを入れ、煮立ったら出来上がり。ウメの花に型抜きしたダイコンを食紅でゆでたものとおろしたユズをトッピングし、季節を味わってください。
 秋岡さんによると、「おろしたサトイモをすり鉢ですりこぎすることで食感をふっくらさせる」のがポイント。今夜の食卓にいかがでしょう。もちろん、赤穂産のカキで!
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2008年2月26日(1781号) 4面 (8,993,979byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中