忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

あけぼの幼稚園にある教会は、元々は神社

 2009年05月23日 
現在は赤穂カトリック教会として使われている旧赤穂神社の拝殿
 東京都内の文化グループ「草志会」がこのほど発行した同会の年報「隣人」第22号に忠臣蔵研究家の佐藤誠氏(36)=東京都西多摩郡=の一文を見つけた。赤穂市立図書館で読むことができる。
 佐藤氏は平成7年から大石神社に伝わる森家の遺品類を調査し、目録をまとめた経歴を持つ。
 「藩祖の遺品と祖霊社−赤穂藩森家を例に−」の題名で、藩主家の先祖をまつる大石神社の由来をひも解きつつ、赤穂森家の初代藩主・長直が着用したと伝えられる具足、家譜を記録した「森家大系図」など同家ゆかりの文書や武具など代表的な遺品19点を紹介している。
 佐藤氏の調査研究によれば、5代忠洪が明和3年(1766)に赤穂城水手門内西側に創設した祠が後に「赤穂神社」と改称され、塩屋門前を経て明治44年(1911)に上仮屋へ遷座。第2次世界大戦で社司が戦死するなど維持が困難になり、昭和24年(1949)に大石神社へ合祀された。社地と建物は翌年に赤穂カトリック教会が購入。外壁と内部は改築されたが、屋根は当時のままという。
 佐藤氏は「祖霊社に什器などが奉納されたことが、偶然にも遺品の散逸を防いだといえる」と考察。「史料保存の観点からも、全国の祖霊社における由緒と遺品調査が必要だろう」と結ばれている。
 ちなみに、大石神社は赤穂神社を合祀したときから「赤穂大石神社」が正式名称。毎年9月19日に森家先祖遠慕祭を行っている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2009年5月23日(1848号) 3面 (7,795,603byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 城西地区 ]  [ 社会 ]


コメント

こんにちは、ある情報なのですが、赤穂神社の手水鉢?が折方の畑?においてあるそうです。
南山造園さんが所有しているそうですが、本物かどうかは調べてみないと分かりません。
こんな情報はいかがでしょうか?

そう思う 0

投稿:ご近所さん 2009年06月03日
 5月23日付け本紙3面に掲載の記事では、「あけぼの幼稚園の聖堂」となっておりますが、正しくは「赤穂カトリック教会」として旧社殿が使われています。訂正の上、関係者のみなさまにおわびします。

そう思う 0

投稿:赤穂民報 2009年05月23日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺