忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史ボランティア
  3. 記事詳細

もっと絵本に親しんで 公民館に提供

 2009年03月07日 
有年公民館に蔵書を提供した久保良道さん(左)
 本紙コラム「絵本で世界を旅しよう」の執筆者で、自宅で国内外の絵本を集めた私設図書館を開いている有年原の元中学校長、久保良道さん(71)がこのほど有年公民館に蔵書の一部を提供。同公民館の図書室で閲覧・貸出が可能になった。
 「絵本は人生を豊かにしてくれる」と語る久保さんは平成15年に「くぼっち文庫」を開設。第2・第4土曜日に無料で貸し出している。
 これまでに世界93カ国2000冊以上の絵本を収集。「せっかくの蔵書をもっと活かしたい」と土日祝を除いて毎日開館している地元の公民館に蔵書提供を申し出た。
 図書室の一角に名作、新刊合わせて約150冊を置き、定期的に入れ替える予定。公民館の限られた予算では、なかなか絵本を買い足すことはできなかったため、松井和幸館長は「子どもたちによりたくさんの絵本を読んでもらえる」と喜んでいる。
 赤穂市では平成19年に移動図書館「ちどり号」が廃止。久保さんは「絵本に親しむ機会を増やしたい。もし、他の公民館から要望があれば提供を考えたい」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2009年3月7日(1838号) 4面 (9,080,198byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「赤穂からおいしいフルーツを」若者2人が新規就農←期待大(04/04)
  • 消防操法大会は1か月延期へ 団本部方針←匿名(04/04)
  • 消防操法大会は1か月延期へ 団本部方針←生ヌル(04/03)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中