忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会文化・歴史子供
  3. 記事詳細

ミュージカルで児童虐待防止訴え

 2021年02月27日 
児童虐待防止をテーマに短編動画「ヘンゼルとグレーテル」を制作した劇団アルティスタのみなさん
 グリム童話をベースに親子の関係や子育て支援のあり方について描いたミュージカル動画「ヘンゼルとグレーテル〜半分のお月さまたち」を市民劇団「アルティスタ」(山村美知代表)が制作した。
 貧しい環境で子どもを育てなくてはならない親の苦悩、親に愛されたくても愛情をもらえない子どもの悲しみなど、現代にも通じる問題をテーマに据えた。2月27日から動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開する。
 劇団によると、「ヘンゼルとグレーテル」は、大飢饉に見舞われた中世ドイツで「口減らし」のために行われた子捨てから生まれた民話だという。児童虐待防止のオレンジリボン共催事業として赤穂市地域活動連絡協議会(岩崎由美子会長)がミュージカル動画の制作をアルティスタに依頼。赤穂出身でドイツ在住の演出家、宮永あやみさんが脚本を書き、インターネットを活用したリモートで演出も手掛けた。
 昨年8月にオーディションで選ばれた小学生から大人まで市民キャスト11人が約3か月間稽古を積み、ボランティアスタッフの手でセットを組んだ加里屋の「古民家tunagu」で12月から撮影。コロナ禍のため、消毒や換気など感染防止対策を徹底して収録に臨んだ。このほど編集が完了し、1時間弱のミュージカル動画が完成した。
 「虐待している親も苦しんでいる。どうすれば、この家族を救ってあげられるだろう」(宮永さん)との思いで書かれた物語は、原作とは異なる意外な展開をみせる。ヘンゼル役の北國茉和(ほっこく・まな)さん(14)=加里屋中洲=は「台本を読んだとき、いい物語だなあと思いました。観た人にあったかい気持ちになってもらえたらうれしい」。動画は「劇団アルティスタ」で検索できる。
 2019度中に全国215か所の児童相談所が児童虐待相談として対応した件数は前年度より2割以上増えて19万3780件(速報値)で過去最多。岩崎会長は「コロナ禍という困難な状況に親も子どももストレスにさらされ、虐待のリスクの高まりが懸念されている」と指摘し、「こんな時だからこそ、地域の力による子どもと子育てへの応援が必要。動画を通して、虐待のない社会づくりへの関心が高まれば」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年2月27日号(2406号) 1面 (8,072,256byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂健福事務所管内で2人感染←徳爺(04/11)
  • 赤穂健福事務所管内で2人感染←赤穂民報(04/11)
  • 赤穂健福事務所管内で2人感染←匿名(04/11)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺