忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

写真コンクール入賞・入選100回達成

 2021年02月23日 
公募展の入賞・入選回数が通算100回に達した武村晴人さんの入賞作「たくましく生きる」
 昨年12月の第26回兵庫ふれあい美術展で、松原町のアマチュアカメラマン、武村晴人さん(74)が佳作に入賞。公募展の通算入賞・入選回数が100回に達した。
 武村さんが写真を撮り始めたのは53歳のとき。「自分が見たものを生きた証としてのこせる」と考えたのがきっかけという。腕試しに2年後の赤穂市美術展に出品したところ、新人賞を受賞。それ以来、県展5回入選、姫路市美術展7回連続入賞・入選のほか、全国展でも多数の実績を重ねてきた。
 「60歳で退職してから、糸が切れた凧のように北海道から沖縄まで撮影に出掛けた」といい、これまでの撮影枚数は200万カットを超える。被写体は花や風景、天体などネイチャー写真全般。狙った作品を撮影できる秘訣は「天候や気温を予測して目的地や撮影の時間帯を設定すること」だという。
 節目の100回目の入賞・入選となった「たくましく生きる」は青森県八甲田山で紅葉したブナの巨木を根元から見上げるように撮った一枚。過去に春の季節に訪れたときに「秋の姿を撮ってみたい」と構想を温めたモチーフで、この写真を撮るために車を3000キロ走らせた。
 自身の性格を「やりだしたら止まらない」と話す武村さん。「次から次へと知らないことや自分への課題が出てくるので写真はおもしろい。これからも体の続く限り、撮影を楽しみたい」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年2月27日号(2406号) 4面 (8,072,256byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

毎回写真展に案内頂いてますが、楽しませていただいてます。素晴らしい写真をありがとうございます😃

そう思う 0

投稿:かめのり 2021年02月23日
入賞・入選100回おめでとうございます。グループ展や写真展でいつも作品を楽しみに鑑賞させていただいております。武村様の作品は色が美しいのとアイデアの意外性があるところがとても素晴らしいと思います。これからも楽しませて下さい!

そう思う 1

投稿:カメラファン 2021年02月23日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂健福事務所管内で2人感染←徳爺(04/11)
  • 赤穂健福事務所管内で2人感染←赤穂民報(04/11)
  • 赤穂健福事務所管内で2人感染←匿名(04/11)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺