忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

地元ゆかりの楽曲で街並みPV

 2021年01月23日 
赤穂ゆかりの楽曲で地元のPVを製作する活動に取り組んでいる赤穂市音楽協会の有志
 赤穂出身の音楽家が演奏する地元ゆかりの楽曲に乗せて街並みを紹介するプロモーションビデオ(PV)を赤穂市音楽協会(日生貴之会長)が自主製作。動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開している。今後シリーズ化する予定という。
 初回は、「愛する街 赤穂」をBGMに御崎の伊和都比売神社周辺を紹介。トロンボーン奏者の日生会長とピアニストの岸元大周さん(24)=新田=が楽曲を演奏し、映像もスマートフォンを使って自分たちで撮影・編集した。由緒ある神社と美しい眺望、観光客にも人気スポットとなっている「きらきら坂」を3分弱の動画にまとめている。
 コロナ禍でコンサートなど演奏機会が激減した中、「何か自分たちにできることを」(日生会長)と音楽家仲間に声を掛け、昨夏から準備したという。サックス奏者の塚田孝行さん(48)=相生市佐方=ら2人が加わり、2月中には第2弾として坂越地区のPVをアップする予定。小・中学校の校歌に乗せて市内各地区の街並みを映像化する構想もある。
 動画はユーチューブのページで「赤穂市音楽協会」で検索できる。同協会は演奏のバリエーションを増やそうと、協力してくれる音楽家を募集中。問い合わせはTel080・3837・0614(日生会長)。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年1月23日号(2401号) 1面 (4,876,994byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

PV「愛する街 赤穂」YouTubeアドレスです。
是非ご覧ください。
https://youtu.be/R6f9a954hVc

そう思う 3

投稿:赤穂市音楽協会 2021年01月23日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《市議選2021》立候補予定者説明会に20陣営←今日から本議会(03/01)
  • 《市議選2021》立候補予定者説明会に20陣営←ほんまたのむでー(02/27)
  • 特別地域に新増設の最終処分場 環境アセス厳格化←意義(02/26)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺