忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

上方浮世絵師が描いた忠臣蔵

 2021年01月15日 
五粽亭廣貞画「忠烈義士伝 寺岡平右衛門」
 江戸から明治にかけて大坂で活躍した浮世絵師たちの作品を紹介する収蔵品展「上方浮世絵の世界」が尾崎の「たでのはな美術館」で14日から開かれている。仮名手本忠臣蔵の役者絵を中心に47点を展示している。
 金銀摺りなど豪華な技法を使った五粽亭廣貞(生没年不詳)、役者絵を得意とした長谷川貞信(1809―79)、「上方最後の浮世絵師」と呼ばれた中井芳瀧(1841―99)など5人の絵師の作品が並ぶ。
 館主の佐野正幸さん(80)によると、上方浮世絵は歌舞伎の役者などを人間味豊かに描いたところに特徴があるという。「江戸の浮世絵とは異なった味わいがある。一般に公開される機会は多くないので、この機会に鑑賞してもらえれば」と話している。
 2月28日(日)まで午前10時〜午後4時。水曜休館。TEL090・3496・4282。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年1月16日号(2400号) 4面 (7,988,278byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 感染経路不明の10代男性が陽性←赤穂民報(04/21)
  • 赤穂健福管内で4人感染 うち2人は中等症←市民(04/20)
  • 感染経路不明の10代男性が陽性←横から失礼します(04/20)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警