忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

パワリフ ジュニア日本新で優勝

 2021年01月07日 
ジュニア男子74キロ級で日本新記録を樹立して優勝した藤井優弥さん
 パワーリフティングの第25回ジャパンクラシック選手権(12月19・20日、明石市)で中広の藤井優弥さん(22)=RECON=がジュニア男子74キロ級でV。ジュニア日本新記録を樹立し、今大会のMVPに表彰された。また、40代男子93キロ級では加里屋の小笠剛志さん(46)=パワーハウス赤穂=が初優勝した。
 パワーリフティングはバーベルを肩に担いで屈伸する「スクワット(SQ)」、ベンチ台で仰向けになって押し上げる「ベンチプレス(BP)」、床から持ち上げる「デッドリフト(DL)」の3種目で持ち上げた合計重量を競う。
 藤井さんはSQ255・0キロ、DL300・0キロでジュニア記録を更新。BP165・0キロを加えたトータルで720・0キロを出し、昨年7月に自身がマークしたジュニア日本記録(700・5キロ)を塗り替えた。初優勝した23回大会以来2年ぶり2度目の優勝を飾った。
 2019年にスウェーデンで開かれた世界選手権に出場したのをきっかけに、その年からアメリカ人コーチと契約。トレーニング方法や競技テクニックなどについてオンラインで指導を受けている。会社員として働きながら主に姫路市内のスポーツジムを拠点に練習を積み、記録が飛躍的に伸びたという。
 今回の優勝により世界選手権(10月、ベラルーシ)の出場権を獲得した。「ジュニア(23歳以下)での出場は最後のチャンスになる。750キロまで記録を上げて優勝を目指したい」と意気込んでいる。
 * * *
 40代男子93キロ級の小笠さんは552・5キロ(SQ205・0キロ、BP147・5キロ、DL200・0キロ)で優勝。これまで全国大会では準優勝が最高成績で、「初めて優勝できてうれしい」と喜んだ。
 日頃は所属先でトレーナーとして利用者をコーチする立場。「人に教える中で学ぶことが多く、自分自身の競技にも役立っている」といい、「さらに記録向上を目指して挑戦を続けたい」と語った。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年1月16日号(2400号) 4面 (7,988,278byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 感染経路不明の10代男性が陽性←赤穂民報(04/21)
  • 赤穂健福管内で4人感染 うち2人は中等症←市民(04/20)
  • 感染経路不明の10代男性が陽性←横から失礼します(04/20)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警