忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史商業・経済
  3. 記事詳細

昔ながら「塩の国の塩」新発売

 2021年01月02日 
赤穂市が商品開発した「播州赤穂 塩の国の塩」
 昔ながらの製法で赤穂塩を再現しようと、赤穂市は御崎の「赤穂海浜公園・塩の国」にある復元塩田施設を活用し、「播州赤穂 塩の国の塩」を商品開発。市内の土産物店や旅館などでこのほど売り出した。
 流下式塩田の枝条架で濃縮した海水を、製塩メーカーの赤穂化成が平釜で煮詰め、にがり成分を減らした「真塩」と、にがりを多く含ませた「差塩」の2種を商品化した。
 かつて赤穂では千種川をはさんで東西に塩田があり、東浜塩田は江戸方面を中心に出荷した差塩、西浜塩田は主に大坂で流通した真塩を生産した。江戸時代の蘭学者、司馬江漢が「赤穂塩、日本第一なり」と著書に記すなど品質の良さで名を高めた。
 市によると、真塩はさっぱりとした味わい、差塩は濃厚な味わいが特長。天候条件が良ければ、合計で年間最大4トンを生産できるという。いずれも1袋200グラム入り500円(税別)。市は赤穂市内に限定して販売場所となる店舗や事業所を募集している。TEL43・6838(市商工課)。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年1月1日号・第1部(2398号) 4面 (6,788,350byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

 紙面版の記事で、東浜塩田と西浜塩田、差塩と真塩の関係について、記事が誤っておりました。ホームページ版のとおり、「東浜塩田は江戸方面を中心に出荷した差塩、西浜塩田は主に大坂で流通した真塩を生産した」が正しいです。訂正の上、おわびします。

そう思う 1

投稿:赤穂民報 2021年01月02日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《市議選2021》立候補予定者説明会に20陣営←今日から本議会(03/01)
  • 《市議選2021》立候補予定者説明会に20陣営←ほんまたのむでー(02/27)
  • 特別地域に新増設の最終処分場 環境アセス厳格化←意義(02/26)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺