忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. イベント
  3. 記事詳細

赤穂市内の主な神社のとんど祭り

 2021年01月06日 
 赤穂市内の主な神社では、1月11日(月・祝)から17日(日)にかけて恒例のとんど祭りが行われる。
 今年はコロナ禍で「三密」を避けるため、餅まきは行わず、参拝者に福餅を配布する方式に切り替えるなど感染拡大防止への配慮がみられる。
 各神社の日程は次のとおり。
〔11日〕
 ▽荒神社(塩屋)=午前6時半点火、7時から福餅配布。Tel42・2385
〔15日〕
 ▽赤穂大石神社(上仮屋)=午前6時半からの祭典に続いて点火、福餅授与。Tel42・2054
 ▽赤穂八幡宮(尾崎)=午前6時半点火、7時から福餅配布。Tel42・2268
 ▽大避神社(坂越)=午前6時半から境内で採火祭、続いて神社下海岸で点火。Tel48・8136
〔17日〕
 ▽伊和都比売神社(御崎)=午前6時半神事、7時点火。Tel42・3547
<前の記事


コメント

世間では緊急宣言に再発令などで感染症対策を強化していく方向のなか、赤穂健康福祉事務所管内でも感染者が出ている状況を考慮すると、不特定多数が集まり、クラスターを引き起こす可能性があるイベントを実施することに疑問を感じます。毎年、とんど祭りに参加している自分からすると、餅まきを実施しないことが感染症対策とは思えません。

そう思う 2

投稿:大丈夫ですか? 2021年01月06日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「NO!コロナ差別」メッセージ募集←寛容に(02/23)
  • 写真コンクール入賞・入選100回達成←かめのり(02/23)
  • 写真コンクール入賞・入選100回達成←カメラファン(02/23)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺