忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

創志学園MB部 赤穂の2人も全国大会へ

 2020年12月05日 
全国大会出場が決まった創志学園マーチングバンド部の金谷美憂さん(左)と出口楓さん=同部提供
 来年1月23・24日にインターネットのオンラインシステムを活用して開催が予定されている第48回マーチングバンド全国大会の「高校の部」に創志学園(岡山市北区)の金谷美憂さん(16)=赤穂中出、寿町=と出口楓さん(15)=赤穂西中出、黒崎町=が出場する。
 金谷さんは小学4年から、出口さんは中1から吹奏楽を始め、ともに創志学園マーチングバンド部にあこがれて同校に進学。金谷さんはメロフォン、出口さんはアルトサックスを担当している。
 同部は昨年度、創部わずか2年目で全国大会に出場。今年度でようやく3学年が揃い、部員数は54人に増えた。コロナ禍による休校や制限で例年通りの練習が出来なかった中、近藤剛士顧問から送られた動画を参考に各部員が自宅で個人練習。全体練習が解禁となった6月以降に急速にレベルアップしたという。
 今年度の演目は「アイスワールド」というタイトル。氷に閉ざされた冷たい孤独な時期を乗り越えて、美しく光輝く世界へ飛び出す様子をイメージした構成という。10月にビデオ審査方式で行われた地区大会で金賞代表校に選出された。
 現在は全国大会のオンライン審査に提出する動画撮影へ向けて、さらにパフォーマンスに磨きをかけている段階。金谷さんは「みんなで演奏できることが、めちゃくちゃ楽しい」と声を弾ませ、出口さんは「練習の成果が出せるように一生懸命演奏したい」と意気込む。近藤顧問は、「2人には部内のリーダー的役割を任せているので、引っ張っていってほしい」と期待している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年12月5日号(2395号) 4面 (8,051,654byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

全国でも、金賞ゴールド目指して頑張って。

そう思う 21

投稿:赤中同級生 2020年12月10日
おめでとう。
全国大会、さいたまアリーナ行けないみたいですね。
今回は、オンライン審査頑張って下さい。

そう思う 24

投稿:IPU 2020年12月07日
赤穂の誇りです。
コロナ過ですが、頑張ってください。
応援しています。

そう思う 30

投稿:マーチング大好き 2020年12月05日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 収賄容疑で市浄水施設担当課長を逮捕←ダヴァンの父(01/23)
  • 収賄容疑で市浄水施設担当課長を逮捕←不正の温床?(01/23)
  • 【社説】民意拒否するだけの理由あったのか←スタンス(01/22)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺