忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 子供ボランティア
  3. 記事詳細

地域の環境美化へハーブ栽培

 2020年11月08日 
中学生も参加して行われたハーブ苗の移植作業=同団体提供
 有年地区の活性化を目指すボランティアグループ「うね地区まちおこし隊」(森田博義代表)が地域に植栽するハーブの栽培に取り組んでいる。発芽した株をビニールポットへ移し替える作業をこのほど実施。地元中学生も手伝った。
 育苗箱で芽を出したタイムの幼苗約3800株をピンセットでつまんでビニールポットへ。職場体験「トライやる・ウィーク」がコロナ禍で中止となった有年中2年生14人が参加した。
 ポットで約4か月間育て、来年3月中旬に地域の水田そばの法面に移植する予定。4月から5月にかけてピンク色の花が無数に咲くという。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年11月14日号(2392号) 1面 (4,339,148byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

花が咲く春が楽しみですね♫

そう思う 4

投稿:有年住民 2020年11月08日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 就任2年 牟礼正稔市長に聞く←給食無償化をぜひ(04/17)
  • 『忠臣蔵』全7巻、30年かけて完結←西本雅哉(04/17)
  • 今夏の県知事選 長岡県議は金澤氏支持←県民(04/16)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺