忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

創作人形で「懐かしい昭和」渡部美智子展

 2020年10月30日 
展示作品の一つ
 企画展「渡部美智子 創作人形展〜懐かしい昭和の風景〜」が加里屋の赤穂市立民俗資料館(大河龍生館長)で開かれている。
 もんぺ姿で談笑するお年寄り、かごに入った野菜や果物が並ぶ行商、街頭紙芝居に集まった子どもたち。たつの市龍野町堂本の人形作家、渡部美智子さん(67)が生まれ育った高知の農村での記憶を頼りに子どものころに目にしていた日常風景を人形で再現している。
 「自分の中で物語やドラマを作り、そのシーンを再現するように人形を作っています」と渡部さん。同館は「昔懐かしい昭和の暮らしや子どもの遊び、四季の風景などを感じ取ってもらえれば」と来館を呼び掛けている。
 退屈そうに時間を持て余している現代の高齢男性を表現した「毎日が日曜日」など新作を含めて24点を展示。顔のしわや指の節、血管まで精巧に表され、まるで血が通っているようだ。
 11月22日(日)まで午前9時〜午後5時(入館は4時半まで)。水曜休館。大人100円、小・中学生50円。Tel42・1361。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年10月31日号(2390号) 4面 (10,103,089byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • マガキから貝毒の可能性 県が出荷自粛要請←風評被害のないように(12/03)
  • マガキから貝毒の可能性 県が出荷自粛要請←残念…(12/01)
  • ル・ポン音楽祭 アーカイブ動画を公開←赤穂民報(12/01)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺