忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

「戦争と平和考えて」原爆ドーム油絵展

 2020年10月05日 
原爆ドームを描いた作品を中心に作品展を開く馬場清幸さん
 広島の原爆ドームを主なモチーフに油絵を描く塩屋の馬場清幸さん(73)=赤穂絵画を楽しむ会・会長=が初めての個展を坂越のギャラリー喫茶「高瀬舟」で開いている。馬場さんは「作品を通して戦争と平和について考えてもらえれば」と話している。
 被爆時をイメージした作品は赤と黒、黄色で描いた空で爆発のすさまじさを表現。建物内部を下から見上げた構図の作品は廃墟となったドームを通して戦争の冷酷さを訴えているようだ。
 馬場さんは昭和22年8月7日生まれで、子どものころから誕生日が来るたびに父から原爆の恐ろしさと平和の大切さについて聞かされたという。出征中に銃弾が左腕を貫通した経験を持つ父の話は重みがあった。
 広島に単身赴任中だった59歳のとき、定年後の趣味を見つけようと入門した絵画教室で講師から「何か一つ描き続けられる題材を見つけて」とのアドバイスを受け、原爆ドームを選んだ。
 構図を考える基になるのは写真と自分が目にした建物の記憶だという。写真に写っていない部分を確認するため、わざわざ現地へ車を走らせることもある。「二度と世界に原爆が使われないことを心に願い続けて描いています」と思いを語る。
 今展では自宅庭の肥後椿を描いた作品などを含め、30号〜6号の計8点を展示。10月29日(木)まで午前10時〜午後4時(金土日休み)。Tel48・7122。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年10月10日号(2388号) 4面 (9,169,319byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • マガキから貝毒の可能性 県が出荷自粛要請←残念…(12/01)
  • ル・ポン音楽祭 アーカイブ動画を公開←赤穂民報(12/01)
  • ル・ポン音楽祭 アーカイブ動画を公開←H2O(12/01)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺