忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

ファンタジックな点描の世界〜米谷勝利さん個展

 2020年10月01日 
赤穂市立図書館で個展を開いている米谷勝利さん
 繊細緻密なアクリル点描でファンタジックな世界を描く御崎の米谷勝利さん(76)の個展「2020〜点描の変遷・夢を追って」が10月2日(金)から中広の赤穂市立図書館で開かれる。幻想的な風景をカラフルに表現した夢あふれる作品が並ぶ。
 米谷さんは還暦を機に趣味の絵画を始めた。2年目に赤穂、たつの、姫路の公募展にそれぞれ出品したところ、いずれも入選。その後も各公募展で入賞・入選を続け、2015年のたつの市美術展と18年の赤穂市美術展で市長賞を受賞した。
 3度目の個展となる今回は受賞作と今年描いた小品など23点を出品。広大なヒマワリ畑を描いた「南フランスの夏」(F50号)、童話『星の王子さま』をモチーフにした「2009マダガスカル」(F100号)など明るく柔らかな色調の作品が多い。
 頭の中でふくらませたイメージを元に面相筆でキャンバスにいくつもの点で絵の具を打ち重ねて描く米谷さん。首と肩の筋肉痛と腕の腱鞘炎を辛抱しつつ、一つの作品を仕上げるのに約4か月かかるという。「どの作品も一筆一点に魂を込めて描きました。作品を見てほっとしたり、前向きな気持ちになってもらえれば」と話している。
 4日(日)まで1階ギャラリーで午前10時〜午後5時半(4日は5時まで)。入場にはマスク着用と検温など感染防止対策への協力が必要。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年10月3日号(2387号) 4面 (8,274,756byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • マガキから貝毒の可能性 県が出荷自粛要請←残念…(12/01)
  • ル・ポン音楽祭 アーカイブ動画を公開←赤穂民報(12/01)
  • ル・ポン音楽祭 アーカイブ動画を公開←H2O(12/01)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺