忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 商業・経済
  3. 記事詳細

かんぽの宿 改修で9月から休館

 2020年08月26日 
リニューアル後の大浴場露天風呂イメージ図
 日本郵政株式会社が運営する御崎の宿泊施設「かんぽの宿赤穂」が改修工事のため、9月1日から約5か月間の休館に入る。一部客室と露天風呂などをリニューアルし、来年2月5日(金)に再オープンする予定だ。
 同施設によると、最上階の4階を「瀬戸内クラブフロア」とし、客室をウッドデッキ付きツインルームに改修。大浴場の露天風呂を瀬戸内海と湯面が一体に見えるインフィニティ化する。1階ロビーを拡張し、テラスラウンジを新設する。
 同施設は1974年に「赤穂簡易保険保養センター」として開業。98年に鉄筋コンクリート造4階建てに新築改装された。2007年の郵政民営化に伴い、現在の名称となった。
 同施設の宿泊予約は6か月前から可能で、現在は来年2月分の予約を受付中。9月1日からは3月分の予約も受け付ける。
 リニューアルに伴い、従業員の新規採用を見込んでいるといい、丸金賢治総支配人は「リニューアルオープンに向けて、社員一同、地域の皆さまに愛され、お客さまのお心に寄り添ったおもてなしに専心努力していきたい」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年8月29日号(2383号) 1面 (7,907,227byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

コロナ新時代に突入し、各地の温泉観光地が苦境を迎える中、逆に京阪神近郊の癒される観光地として脚光を浴びる赤穂。
最近、増加する、御崎や坂越を訪れる若いカップルの姿には、ワクワクするものを感じます。
昨年の赤穂ハイツに続き、かんぽの宿もリニューアルとは、今後の赤穂の集客力に自信を持って期待している投資と存じます。
蔭ながら、赤穂の観光事業に努力されている赤穂市の行政、民間事業者の関係方々に敬意を表します。

そう思う 15

投稿:最近の赤穂は凄いと思います 2020年08月26日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂高校の関係者に陽性判明 26日は臨時休校←個人的な意見です(10/30)
  • 赤穂健福事務所管内で3人感染←市民(10/29)
  • 赤穂健福事務所管内で3人感染←医療従事者(10/29)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺