忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

地元作家らによる創作うちわと風鈴展

 2020年07月29日 
多彩な創作うちわが展示されている桃井ミュージアム
 地元作家らによる創作うちわと風鈴を紹介する「涼を呼ぶうちわと雲火焼風鈴展」が御崎の桃井ミュージアムで開催されている。西播磨在住の絵師や書家、陶芸家たちによる多彩なオリジナル作品が来館者の目を楽しませている。
 相生の絵師・舟丘恵凡さん、たつのの日本画家・赤松理子さん、太子の現代美術家・山口謙二さんら19人が計約130点を出品している。赤穂市内からは、デザイナーのマエカワマサミさん、造形アーティストの千崎輝幸さん、書家の大島美代子さんなどが参加。同館オーナーの桃井香子さんは長棟州彦さんとともに雲火焼で作った風鈴とうちわ立てを展示している。
 金魚やペンギン、アサガオといった涼しげな絵柄を描いたもの、詩や短文を味わい深い筆致で毛筆した木製うちわ、疫病除けにご利益があるとされる「アマビエ」をモチーフにした作品などが展示され、川柳赤穂吟社の会員が自筆した川柳うちわ約40点も並ぶ。気に入った作品は購入でき、売上の一部は医療従事者のために寄付される。
 桃井さんは「自然の風を活かして暑さをしのぐ日本の文化や生活様式の良さを改めて感じてもらえれば」と話している。
 館内で利用できる金券500円分を購入して入館する(身障者、小・中学生は200円)。9月21日(月・祝)まで午前9時〜午後4時。火曜と8月12・13日は休館。
 8月22日(土)には舟丘恵凡さんを講師に親子でうちわを作るワークショップを開く。午前11時と午後2時で各回20人を募集。参加費1000円。Tel56・9933。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年8月1日号(2380号) 1面 (8,631,834byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂健福事務所管内で3人感染←赤穂市内労働者(10/26)
  • 祭り中止も自慢の屋台を特別公開←屋台練り(10/25)
  • 電光表示で安全運転呼び掛け←tk(10/25)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺