忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

義母からもらった鉢植え 株分け続けて20年

 2020年07月23日 
ピンク色の花苞が並ぶ庄野すみ子さん宅のエクメア。花言葉は「他人を思う気持ち」
 平成町の庄野すみ子さん(77)宅で観葉植物のエクメアが10鉢ほど美しいピンク色の花苞をつけている。
 庄野さんの話では今から20年前、徳島に住む義母の静子さんから株分けしてもらったエクメアで、毎年脇芽を別の鉢に植え替えて増やした。きれいに咲きそうなつぼみがつくと友人にプレゼント。それでも自宅にまだ30鉢ほどがある。
 エクメアはパイナップル科の常緑草本で南アメリカの熱帯地域に150〜180種が分布する。ピンクの花苞をつけるのはシマサンゴアナナスという品種で、ブルーの小さな花は数日で枯れるが、花苞は数か月保つことも。一度開花した株が再び花苞をつけることはなく、根元から新たな脇芽が生まれるという。
 静子さんは12年前に97歳で他界。「花が咲く度に、『おばあちゃんが会いに来てくれたのかな』と思います」と庄野さん。「今年は特にきれいに咲いたので、孫が帰省したら見せたい」と話している。
<前の記事


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺