忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

鉱物と化石 私設資料館23日オープン

 2020年07月18日 
会員たちが各地で採集した2000点近い標本が並ぶ「赤穂鉱物化石コレクション」
 赤穂鉱物化石探査会(金礪尊紀会長)の会員が収集した標本を展示する私設資料館「赤穂鉱物化石コレクション」が7月23日(木・祝)、上仮屋にオープン。水晶をテーマにした特集展示を26日(日)まで開く。
 同会は2001年に鉱物と化石に強い関心を持つ5人が集まって設立。来年で20周年を迎える。現在は中学生から80代までの約20人が在籍し、月1回の例会(第3金曜日午後7時半、尾崎公民館)とフィールドワーク(第4日曜日)で活動。「活動の成果を展示できる場を」と資料館を開設する。
 木造2階建て家屋の1階和室をフローリングにリフォーム。ショーケースや展示棚を並べ、会員各自が標本を持ち寄った。岡山県高梁市の布賀鉱山でしか産出しない逸見石、紫外線を当てると青白く光る灰重石、淡路島で出土したアンモナイト化石など。総数は2000点近くあり、ほぼすべてが会員自ら踏査して採集した標本だという。
 館内では実体顕微鏡を使った標本観察や会員による解説で展示品をじっくり見ることができる。来館者に水晶標本のプレゼントあり。入館無料で土曜、日曜の午前10時〜午後4時に開館。その他の曜日も事前予約があれば、できる限り見学に応じる。
 「自然が作り出した鉱物と化石のおもしろさを感じてもらえれば。特に小・中学生や高校生といった若い世代に興味と関心をもってほしい」と同会。同資料館は上仮屋10の1。赤穂市立歴史博物館駐車場入り口前にある。Tel080・2488・3858(事務局・前川正和さん)。
<前の記事


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺