忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

農業用水路の窒素 基準値2倍に低減

 2020年07月11日 
 塩屋の堂山池から窒素分を多量に含んだ水が流入した農業用水から基準値の18倍の窒素が検出された問題で、赤穂市が実施した2度目の水質検査では全窒素の値が基準値の2倍に低減したことがわかった。
 農繁期に入って大津川からの取水が始まったため希釈されたとみられる。
 1度目の検査(5月7日採水)では、1リットル中18ミリグラムの全窒素を検出。堂山池の水からは同83ミリグラムという高い数値が検出された。
 2度目の検査は6月10日に用水路で採水。池の水は「おそらく変化がない」(市環境課)として調査対象から外した。
 検査結果をめぐっては、地元農家の間で窒素過多による悪影響を心配する声がある。市農林水産課は「検査結果についてコメントする立場にないが、地元からの要望があれば、県の農業改良普及センターに助言を求めたい」と話している。
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】用水路で基準値18倍の窒素


掲載紙面(PDF):
2020年7月11日号(2378号) 1面 (5,428,231byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 塩屋地区 ]  [ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 大正初期の八幡宮祭礼 絵葉書が現存←屋台練り(10/24)
  • 電光表示で安全運転呼び掛け←アオリダメ(10/24)
  • 大正初期の八幡宮祭礼 絵葉書が現存←赤穂民報(10/24)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺