忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史街ネタ
  3. 記事詳細

まちの玄関口に「希望のピアノ」

 2020年07月07日 
JR播州赤穂駅に設置された「希望のストリートピアノ」
 加里屋のJR播州赤穂駅に7日、誰でも演奏できるストリートピアノが設置された。
 6月に市民から匿名で寄贈されたヤマハ製のアップライトピアノ。気軽に音楽を楽しめ、にぎわいや安らぎのある魅力ある空間を生み出そうと、赤穂市が寄贈者の了承を得て設置した。「未来への活力と希望を与えるように」との思いを込めて、「希望のストリートピアノ」と名付けた。
 設置初日から数人が演奏し、コンコースに音色を響かせた。ショパンとバッハなど数曲を弾いた尾崎の中学3年、立花咲乃さん(15)は「天井に音が反響してホールみたい」。足を止めて耳を傾けた人たちからの拍手に笑顔で応えた。
 駅舎から東横インへつながる連絡通路沿いの空きスペースにあり、利用時間は午前10時〜午後9時。マナーを守って演奏してもらえるよう、利用上の注意事項を掲出し、当面の間は利用者にマスク着用と手指消毒を求める。市は「活力ある創造的なまちの玄関口になれば」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年7月11日号(2378号) 1面 (5,428,231byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

いい事です。
大都会では、よくある事ですが、田舎街の赤穂市で…
何かしら変化ある街になって来たのか?

そう思う 10

投稿:すばらしい! 2020年07月08日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 大正初期の八幡宮祭礼 絵葉書が現存←屋台練り(10/24)
  • 電光表示で安全運転呼び掛け←アオリダメ(10/24)
  • 大正初期の八幡宮祭礼 絵葉書が現存←赤穂民報(10/24)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺