忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 政治
  3. 記事詳細

新総合計画案 目標人口「4万2000人」

 2020年07月04日 
2030赤穂市総合計画案の「土地利用の基本的方向性」
 2021年から10年間の市政運営指針となる「2030赤穂市総合計画」の計画案が6月30日にまとまった。
 目指す将来像を「自然と歴史に育まれ笑顔と希望があふれる活力あるまち」と掲げ、10年後の目標人口を「4万2000人」と設定。計画案に対する市民の意見を聞くパブリックコメントを3日からスタートした。
 市によると、総合計画とは「市政運営における最上位の計画」で、各部署が策定している個別計画をおおむね網羅する。現行計画が今年で最終年となることから、市が第5次となる計画案の策定を進め、今年4月以降、市内各種団体や学識経験者などで構成する審議会で協議してきた。
 計画案では、将来像実現へ向けた柱として、▽安心▽快適▽元気▽人−の4つのキーワード挙げ、10政策27施策を記載。国連が2030年を期限に提唱する「SDGs(持続可能な開発目標)」と各施策の関係性を一覧表で示している。施策方針を実現するための必要項目と主要取組を「施策の展開」として列記し、数値目標が設定できるものについて5年後と10年後の指標を定めている。
 現計画で「2020年に5万2000人」としていた目標人口は1万人の下方修正。土地利用の基本的方向性を示すエリア分けでは、新たに「土地利用検討エリア」を追加し、山陽道赤穂インター周辺と関西福祉大学周辺を設定した。福浦地区南部は「臨海景勝エリア」から「田園生活エリア」に変更されている。
 パブリックコメントは8月3日(月)まで。市内在住、在勤、在学の人、市内に事業所がある法人・団体などが意見を提出できる。計画案は市ホームページ、市内各地区公民館で閲覧できる。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年7月4日号(2377号) 1面 (14,676,640byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 政治 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 大正初期の八幡宮祭礼 絵葉書が現存←屋台練り(10/24)
  • 電光表示で安全運転呼び掛け←アオリダメ(10/24)
  • 大正初期の八幡宮祭礼 絵葉書が現存←赤穂民報(10/24)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺