忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

行きはスイスイ 帰りは大変 カルガモ一家のお散歩

 2020年06月24日 
水路を泳ぐカルガモの大家族
 山手町から塩屋にかけて流れる用水路「戸島用水」で今月13日に確認されたカルガモ親子13羽について、元町の山口環さん(60)が撮影した動画を赤穂民報に提供してくれた。親の後ろについて泳ぐ子ガモたちの姿が愛らしい。
 山口さんによると、今月12日午前5時半から6時半にかけて撮影した。
 「朝、洗濯物を干していたら、家の裏の水路をカルガモが泳いでくるのが見えて。急いでスマホを取りに行って撮りました」
 水の流れに乗って西向きにスイスイと通り過ぎるカルガモたちを見送った山口さん。1時間ほど経って、今度は花に水やりをしていたところ、今度は反対方向から戻ってくる一家を発見。再びスマホで動画に収めた。
 「水の流れに負けないように一生懸命足を動かしている様子がとってもかわいくて。頑張れーって応援したくなりました」
 加里屋の私設保育園「いるか園」で保育士をしている山口さん。子どもたちにも動画は大好評だったという。カルガモを見たのはこの日だけで、その後は姿を見ていないという。
 野鳥に詳しい人によると、ひなは卵からかえって2週間程度とみられ、「それだけ日数が経って12羽も生き延びているのは幸運」だという。広い川や池のような良い環境を求めて移動する習性のため、「加里屋川や千種川に出ているのでは」と推測する。
 山口さんは「かわいい姿に本当に癒やされました。元気に育ってほしいです」と願った。
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】カルガモの大家族にほっこり


掲載紙面(PDF):
2020年6月27日号(2376号) 2面 (5,056,320byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中