忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

公共灯LED化 年900万円コスト減

 2020年09月11日 
 市内公共灯の一斉LED化へ向け、赤穂市は公募型プロポーザル方式により、三井住友トラスト・パナソニックファイナンスと事業契約をこのほど締結した。
 同事業は、市が管理する道路灯と防犯灯のすべてを蛍光灯や水銀灯などからLED灯に付け替え、今後10年間のリースと維持管理など包括的サービスを提供するもの。市によると、市内の公共灯は6949本(うち2088本はLED導入済み)ある。
 事業者の公募には3者が応募。市職員による審査委員会が各社の提案と実行能力を点数化した結果、同グループが最上位となった。契約金額は約2億7952万円。同グループの試算では、現状で年間4100万円弱かかっている市内公共灯の電気代をLED化により半分以下に削減できるとされ、市によれば、「トータルで年間約900万円のコスト削減が見込める」という。
 今後、10月から年内にかけてLEDへの付け替え工事が進められる。市によると、同グループはLEDの設置や保守管理について、積極的に市内業者を活用する方針という。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年9月12日号(2385号) 1面 (5,990,280byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメント

故障(不良)時は、自治会長さんへれんらくをし、市役所へ依頼してました。今後は、どのように管理していただけるのか不安です。

そう思う 4

投稿:故障時は 2020年09月11日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺