忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

駅南ロータリー迷惑駐輪の対策強化

 2020年05月31日 
JR播州赤穂駅の南側ロータリーで迷惑駐輪の自転車に警告札を取り付ける市職員
 JR播州赤穂駅南側ロータリーの迷惑駐輪に対する市民の苦情を受け、ロータリーを管理する赤穂市が対策強化に乗り出した。
 迷惑駐輪があるのは、ロータリー北西寄りの藤棚下。近くの事業所で働く男性の話では、「3月下旬には20台近く停めているときもあった」という。新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言で人の外出自体が減ってからもゼロにはならなかった。6月から学校が再開し、社会活動が徐々に元に戻っていけば、「また、迷惑駐輪が増えるのでは」と心配する。
 刑法には放置自転車を取り締まる条文がなく、各自治体が条例や規則で対応している。自治体によっては、駅前などを「禁止区域」に指定し、放置された自転車やバイクを即時撤去した上で持ち主に保管料を請求できる条例を定めているところもある。
 赤穂市は2010年に定めた要綱に基づき、盗難車でないことを警察に照会した上で警告札を取り付け、おおむね2週間経ってもそのままなら撤去して保管。6か月後までに持ち主の申し出がなければ廃棄処分できるという取り決めだ。2018年9月からの1年間で市全体で22台を処分したという。
 市は5月下旬、迷惑駐輪の5台に警告札を取り付け、駐輪禁止を示す看板を設置した。前述の男性は「まちの玄関口なんだし、マナーを守ってほしい。市はちゃんと管理を」と要望を話していた。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年6月6日(2373号) 4面 (9,147,827byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 赤穂地区 ]  [ 社会 ]

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中