忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会ボランティア
  3. 記事詳細

除菌電解水給水器を市に寄贈

 2020年05月18日 
除菌電解給水器を赤穂市へ寄贈したアコオ機工の間鍋雄樹社長(右)
 新型コロナウイルス感染防止対策に役立ててほしいと、東有年の金属加工会社「アコオ機工」(間鍋雄樹社長)は18日、除菌電解水給水器3基を赤穂市へ寄贈した。
 水道水から毎分3リットルの酸性電解水(ph約5・0〜6・5)を生成できる。センサーに手をかざせば、あらかじめ設定した量を吐出する機能があり、装置に手を触れずに給水できる。
 同社は昨年末から新規プロジェクトとして環境機器販売を導入。取り扱い品目の一つに消毒効果が高いとされる除菌電解水給水器があり、「公共施設の衛生管理に役立ててもらえれば」と寄贈したという。
 寄贈された給水器は保健センター、給食センター、消防本部に1基ずつ設置。牟礼正稔市長は「多くの企業、個人からマスクや消毒液、そして今回のような機器を寄贈していただき、本当に感謝している。感染防止対策に活用していきたい」と話した。
 5月1日以降に新型コロナ対策として赤穂市(市民病院含む)へあったその他の寄贈は次のとおり(赤穂民報確認分)。
 ▽サージカルマスク4000枚(タイガーマスク)
 ▽寄付金3万円(写壇・あすなろ)
 ▽手指消毒液・アルコール製剤約130リットル(赤穂ロータリークラブ)
 ▽マスク5000枚(マエダマーキン)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年5月23日号(2371号) 1面 (4,330,125byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

赤穂は他のまちに比べて民間からの寄付寄贈が多いような気がします。

そう思う 0

投稿:感謝 2020年05月18日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 大正初期の八幡宮祭礼 絵葉書が現存←屋台練り(10/24)
  • 電光表示で安全運転呼び掛け←アオリダメ(10/24)
  • 大正初期の八幡宮祭礼 絵葉書が現存←赤穂民報(10/24)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺