忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 事件・事故
  3. 記事詳細

不燃物回収中の収集車から煙

 2020年05月14日 
 5月13日午前9時30分ごろ、加里屋の市道を走行していた赤穂市美化センターのごみ収集車から煙が出ているのを、乗務員が発見した。
 赤穂署によると、車を路肩に停車し、荷室の中身を地面に開け、備え付けの消火器を噴霧。119番通報で駆け付けた消防が約30分後に鎮火した。けが人はなかった。出火原因は捜査中。
 同センターによると、収集車は西部方面の「燃やさないごみ(不燃物)」を積んで移動中、職員がこげくさい臭いに気付き、一旦収集を中断してセンターへ戻る途中だった。燃え殻から、収集日や方法が異なるスプレー缶やライター、モバイルバッテリーが見つかったという。
 同センターでは昨年度、収集・選別中にごみから発火した事案が3件あり、「収集品目以外が混じると大変危険なので、ルールを守ってごみを出してほしい」と訴えている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年5月16日号(2370号) 4面 (8,230,421byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

ルールをしっかり守ってゴミを出してもらいたいものですね。
ゴミ収集車って1台500万〜1000万ぐらいしますよね。(新車なら)

それが、今回のように車両火災にあい修理不能になれば、買い替えしなければならない。
それはどこがお金を出す?
市ですよね?
って、ことは結局は市民の税金から買うことになる。

大げさにいえば将来的には税金UPに繋がると思います。

そう思う 0

投稿:巡り巡って。。。 2020年05月14日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中