忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

義士ダンス CD完成「時を超えて〜AKO47のテーマ〜」

 2020年04月03日 
完成したテーマソング「時を超えて〜AKO47のテーマ〜」のCDと歌詞カード
 赤穂義士をテーマに子どもたちが歌って踊れるダンスの創作に取り組む市民有志のプロジェクトで、ダンスのベースになるテーマソング「時を超えて〜AKO47のテーマ〜」が完成した。
 プロジェクトは「若い世代に『忠臣蔵』に関心を持ってほしい」と中広の平田孝光さん(78)が発案した。地域活性化について市民からの相談に乗っている赤穂市の西村淳一・戦略プロデューサー(65)の仲介で、CM音楽やゲーム音楽を数多く手掛ける作曲家の新谷友直さん(36)=大阪市=に曲を依頼。趣旨に賛同した企業や個人などがクラウドファンディングで資金援助した。
 平田さんの基本構想を受けて西村さんが作詞。「どんなに苦しい時も どんなにくじけそうでも 気持ちをひとつ胸に どこまでも走り抜け」で始まり、「嵐はやがて過ぎ去って まぶしい光があたりを照らす」「AKO47(フォーティセブン)想いをひとつに駆け抜けて われら47の魂が 時を超えて こだまする」など苦難を乗り越えて果たした大願成就を表現。アップテンポなリズムで爽快な曲に仕上がっている。長さは2分45秒で、子どもたちのダンスにも適した尺とした。
 曲をつけた新谷さんは「忠臣蔵と言えば歴史の重みがありますが、『子どもも歌って踊れる曲に』とのことでしたので、親しみやすいポップな曲調にしました。赤穂の街に流れて、みなさんに愛される曲になれば」と話す。
 実行委員会の会長としてプロジェクトを進めてきた平田さんは「とてもノリが良くて、何度でも聴きたい曲が出来た。多くの方々のご支援とご協力のおかげです」と喜んだ。すでにダンスインストラクターに依頼して振り付けを考案中といい、「早ければ今年夏にダンスを発表したい」と話している。
 テーマソングはインターネットラジオ「赤穂らじお」ホームページの「しおかぜだより(2020年3月1日号)」で試聴できる(残り17分20秒あたり)。また、希望者へのCDの貸し出し(数に限りあり)も受け付ける。問い合わせはTel090・1444・3505(平田さん)。
<前の記事


関連サイト:
「赤穂らじお」しおかぜだより(2020年3月1日号)
【関連記事】作るぞ「歌って踊れる」義士ソング


掲載紙面(PDF):
2020年4月4日号(2366号) 1面 (7,259,384byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中