忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

相生産高機械科 銅鏡復元に成功

 2020年03月30日 
三角縁神獣鏡の複製に成功した相生産高機械科3年のみなさん。手前は実物
 相生産業高校の機械科3年生6人が実習で三角縁神獣鏡(赤穂市立有年考古館所蔵)の複製プロジェクトにチャレンジ。成功した2点をこのほど同市へ寄贈した。来館者が直接手に触れて見学できる「ハンズオン展示」される予定で、同館は「輝きや重量を実感してもられば」と話している。
 同館所蔵の三角縁神獣鏡(直径22・2センチ)は上郡町西野山3号墳で1951年に出土。市教委によると、約1700年前の古墳時代前期末(4世紀後半)に作られたとみられ、近年の研究では中国の魏の皇帝が卑弥呼に与えた青銅鏡のうちの一枚とする説が有力となっている。
 複製は同館との共同プロジェクトとして企画され、まず同館が実物を基にシリコン製の凹型を製作。同校が凹型から樹脂製のレプリカを作り、さらに鋳込みに使う砂型を製造した。
 銅65%、錫30%、鉛5%で配合した最初の鋳造では、砂型から取り出した鏡がバラバラに破砕。国宝の青銅器復元を手掛ける京都の金工作家、小泉武寛(ぶかん)氏(74)から「錫24%以上での成功例はない」との助言で割合を変更した。その後も研磨段階の失敗を繰り返したものの、6回目でついに復元に成功した。
 経年劣化で黒く変色した実物に対し、完成した複製品は銅鏡本来の輝きを見せ、研磨した鏡面は滑らかにものを映す。
 同校機械科では2014年度から竹下邦彦教諭(58)の指導で3年生の選択授業の一つに「青銅器復元」を導入。昨年度は上高野銅鐸鋳型片から復元した銅鐸レプリカと別名遺跡出土銅剣の複製品を赤穂市へ寄贈した。
 実習に参加した6人のうちの一人、田中祐雅さん(18)は中3のとき、同校のミニ銅鏡製作体験に参加したことがきっかけでものづくりに興味を持ち、同校へ進学したという。4月からは鋳造を専門とする企業への就職が決まり、「失敗を成功につなげられた今回の経験を仕事でも活かしたい」と意欲を話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年4月4日号(2366号) 4面 (7,259,384byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺