忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

卵の殻が美しいアート作品に

 2020年03月05日 
卵の殻を美しく染め付けたピサンキと飯野夏実さん
 卵の殻に精微な模様を染め付ける手工芸「ピサンキ」のワークショップが2月29日に尾崎の久田マサヨさん(58)宅であり、16人が作品づくりを体験した。
 ピサンキは東欧のウクライナに伝わるろうけつ染め工芸。小さな穴を開けて中身を取り出した卵の殻に蜜蝋で線画を描き、染料に浸す。薄い色から順に工程を重ねることで、さまざまな色で動物や花、幾何学模様といった模様を描く。模様それぞれに「幸福」「永遠」など象徴的な意味があり、キリストの復活を祝うイースターエッグとして作られるほか、お祝いやお供えなどにも使われるという。
 久田さんが2月にオープンした赤穂緞通工房ギャラリーのイベントとして開催。交流のある埼玉県富士見市の工芸作家、飯野夏実さん(36)を講師に招き、想定よりも多くの申し込みがあったため、広い部屋のある自宅に会場を移して実施した。
 飯野さんは15歳でピサンキに出会い、制作歴は20年以上。ウクライナを取材してピサンキの歴史や制作手順などを紹介する小冊子を出版するなど、日本における草分け的存在として知られる。この日は初心者向けの幾何学模様で講習。キセルのような形をした「キストカ」という特殊な道具をろうそくの火であぶり、ペン先から溶け出る蜜蝋で卵殻の表面に線画を描き入れた。染料で染め付けた殻を火であぶってペーパータオルで磨くと、再び溶けた蜜蝋がふき取られて模様がくっきりと現れ、参加者から歓声が上がった。
 松原町の中谷多加子さんは「きれいに模様を描くのが難しかったですが、どんな出来上がりになるのかワクワクして楽しめました」。参加者らは「自宅の玄関に飾りたい」などと話し、作品が壊れないように大切に持ち帰った。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年3月7日号(2362号) 4面 (7,494,482byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中