忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

新宮町で「西播磨のやきもの」展

 2020年02月23日 
西播磨の陶磁器を一堂に紹介している特別展
 江戸時代から明治時代にかけて千種川と揖保川の流域でつくられた陶磁器を紹介する特別展「西播磨のやきもの」が、たつの市新宮町の同市立埋蔵文化財センターで開催中。赤穂からは大嶋黄谷が嘉永5年に創出した「雲火焼」、明治初期の「御蔵焼」が紹介されている。
 同センターによると、西播磨では古墳時代から平安時代にかけて100基以上の須恵器窯があり、窯業が盛んだった。中世に衰退したが、江戸時代後半から再び窯が築かれ、特色ある陶磁器が生産されたという。
 展示では、江戸末期に山崎藩の支援で開窯した「源谷焼」、現存する窯の一部がたつの市文化財に指定されている「野田焼」、赤穂藩主が視察した記録が残る「古池焼」など9窯の作品や陶片、窯道具など計約150点を並べ、それぞれ年表で来歴を示す。
 雲火焼の関連では、茶入や香炉の作品をはじめ明治10年の第1回内国勧業博覧会の表彰状、器の寸法などを書いた覚書帳を展示している。黄谷宅跡で昨年見つかった、窯に使用されていたとみられる耐火レンガも初公開。また、「末廣山」の陶印がある「新宮焼(東河原窯)」は、上仮屋北の赤穂城下町跡から出土した桃形鉢(赤穂市教委蔵)が出品されている。
 たつの市教委の義則敏彦主席学芸員は「郷土の焼き物の歴史や魅力について深く知り、関心を高めてもらえれば」と話している。
 入館料200円(小・中学生100円)。3月7日(土)まで午前9時〜午後5時(入館は4時半まで)。火曜休館。Tel0791・75・5450。
 * * *
 たつの市教育委員会は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2月29日(土)に同市立埋蔵文化財センターで開催を予定していた記念講演会「西播磨の陶磁器について〜その技術を探る〜」(講師=赤松和佳氏・伊丹市立博物館学芸員)の中止を27日に決定した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年2月29日号(2361号) 1面 (4,422,386byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中