忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 政治
  3. 記事詳細

赤穂インター周辺利活用 部長ポスト新設へ

 2020年02月17日 
 赤穂市は17日、新年度実施の組織機構改革案を発表した。
 山陽道赤穂インター周辺の土地利活用を推進する部長級の都市計画推進担当、産業廃棄物最終処分場計画へ対応する係長級の産業廃棄物対策担当、日本遺産を活用した新たな観光振興を進める係長級の日本遺産推進担当を配置。いずれも牟禮正稔市長が重点公約に掲げる分野で、施策実現へ向けて職務分掌を明確にするものとみられる。
 現在の建設経済部を建設部に名称変更し、新たに産業振興部を設ける。教育委員会の生涯学習課から文化財担当及び文化財係を独立させ、文化財課を新設する。
 また、上下水道部庁舎の老朽化に伴い、水道料金や下水道使用料の収納などの窓口業務を本庁2階に移転。その他の業務は中広の下水管理センターへ配置換えする。
 赤穂市の機構改革は2016年以来4年ぶり。4月1日付けで行い、上下水道部の移転については2020年度中に段階的に実施する。
 市は「市民にわかりやすく、効率的な組織運営を行うための見直し」としている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年2月22日号(2360号) 1面 (7,147,262byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 政治 ]

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《西有年産廃》事業者と社長代理を書類送検←何の為に(03/30)
  • 定数削減要望に「現状維持」回答←いい加減(03/30)
  • 《西有年産廃》事業者と社長代理を書類送検←言い訳ですらない(03/30)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中