忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

坂越出身の久保さん 赤穂ハイツで水彩画展

 2020年02月12日 
赤穂ハイツに新設された「海と風のギャラリー」で個展を開催中の久保則香さん
 みずみずしく透き通るような色彩が美しい水彩画の個展が尾崎向山の赤穂ハイツ(南方英紀支配人)で開かれている。坂越出身の久保則香さん(66)=姫路市城見台=が風景画12点を出品している。
 50歳になる前に趣味の絵画を始め、絵の具を塗り重ねて微妙な色合いやにじみを生み出す透明水彩に魅せられたという久保さん。個展は3度目で、赤穂での開催は初めてという。
 石龕寺(丹波市山南町)の紅葉をモチーフにした「紅い陽ざし」、冬の神河町を描いた「雪川原」など、いずれも秋冬をテーマにした6号の風景画。「水に濡れている間に色を染めていく」という透明水彩ならではの繊細な画風が目を引く。
 2階多目的ホール前の壁面に今月新たに設けられた「海と風のギャラリー」で展示。4月ごろに春夏の風景を描いた作品に入れ替える。南方支配人は「今後も個人やグループなど作品発表の場としてスペースを提供したい」と話している。Tel48・8935。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年2月22日号(2360号) 4面 (7,147,262byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6 7 8

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 大正初期の八幡宮祭礼 絵葉書が現存←屋台練り(10/24)
  • 電光表示で安全運転呼び掛け←アオリダメ(10/24)
  • 大正初期の八幡宮祭礼 絵葉書が現存←赤穂民報(10/24)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺