忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

忠臣蔵ファンの箏奏者 赤穂で万感ライブ

 2020年02月08日 
多彩な音色で客席を魅了した箏演奏会
 プロ箏奏者によるライブ演奏会が8日、加里屋の加里屋まちづくり会館であり、愛知県豊橋市を拠点に活動する杉浦充(みつる)氏(50)=生田流箏曲「峰と海の会」主宰=が来穂。オリジナル曲をはじめジャズ、演歌など技巧を駆使した多彩な音色で客席を魅了した。
 「唯一無二」をテーマに国内外で演奏活動を展開する杉浦氏は昨年12月にオリジナルCDを発表。杉浦氏に学生時代に師事した新田のカイロプラクティック師、舘寛子さん(37)が「ぜひ先生の演奏を赤穂のみなさんに間近で聴いてほしい」と演奏会を企画し、約60人が来場した。
 「黒田節」「さくら」など9曲をスタンディングで独奏。ジャズの名曲「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」、演歌の「津軽海峡冬景色」は音程の広い二十絃箏で情感豊かに奏でた。F1ドライバー佐藤琢磨をイメージして作曲したという「疾風」は迫力あふれる弦の響きで聴衆を圧倒。舘さんと師弟による合奏も2曲披露した。
 杉浦氏は「子どものころから忠臣蔵の大ファン」で、2017年から3年連続で12月14日に東京・泉岳寺で献奏しているという。「きょうは万感の思いを込めました」と話し、客席から大きな拍手が送られた。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年2月22日号(2360号) 4面 (7,147,262byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中