忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史イベント子供
  3. 記事詳細

年一度の定期演奏会へオペレッタ稽古

 2020年02月08日 
定期演奏会へ向けてオペレッタ「ヘンゼルとグレーテル」を稽古中の赤穂市児童合唱団のみなさん
 小学生から高校生までのメンバーが在籍する赤穂市児童合唱団(元岡明団長、22人)が年に一度の定期演奏会へ向けて練習に励んでいる。恒例のオリジナルオペレッタは「ヘンゼルとグレーテル」。団員たちの熱演が期待できそうだ。
 定期演奏会は創立翌年から毎年開かれ44回目となる。昨年3月に姉妹都市の豪・ロッキングハム市を訪問した演奏旅行の報告を兼ねたオーストラリアンソングス、かわいい振付で歌う「パプリカ」などを披露する。
 メーンのオペレッタはグリム童話を原作にスタッフの阪田尚美さん(62)=尾崎=が脚本。全部で10曲ある劇中歌の作詞作曲も長女で合唱団OBの岡田由美さん(36)=姫路市=と2人で手掛けた。衣装や小道具も手作り。団員たちは年明けから本格的に始まった稽古に一生懸命打ち込んでいる。
 「最後のカーテンコールでお客さんから拍手をもらうときの喜びを味わいたい」とヘンゼル役の入潮虹都さん(17)=姫路南高2年、元沖町=。グレーテル役の山田彩依さん(18)=赤穂高3年、御崎=は「自分たちもやってよかった、お客さんも見に来てよかったと思ってもらえるような舞台を」と意欲を語った。
 定期演奏会は2月23日(日)に中広の赤穂市文化会館ハーモニーホール(小ホール)で午後2時開演。坂越小学校コーラス部が賛助出演する。入場無料。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年2月8日号(2359号) 1面 (8,140,633byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺