忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. かしこい子育て
  3. 記事詳細

関福大リレーコラム・具体的にほめる

 2020年02月07日 
 〈ほめて育てる〉よく言われることです。「いいね」「すごいね」「偉いね」といった「ほめ言葉」は明るい子どもを育てます。しかし「それが難しくてとても……」という声も聞こえてきます。
 〈ほめて育てる〉ですから、「ほめれば育つ」がその前提です。しかし時には厳しく「注意する」ことも必要です。世の中には「ほめる達人検定」もあれば「叱り方検定」もあります。
 〈ほめて育てる〉ですが、「ほめなければ…」となってしまうと逆効果です。「今日はほめられなかった」「ほめることが見つからない」「叱ってばかりで…
…」と落ち込みます。
 〈ほめて育てる〉ですから、大切なことは「何を」「どのように」ほめるかです。親子のように近い関係の場合には「いいね」「すごいね」「偉いね」を連発することも効果的です。具体的にほめなくても「大切な人」「かけがえのない人」だというアピールになるからです。隣の家の子どもに「いいね」を連発することはありません。
 しかしできれば〈ほめて育てる〉にふさわしい「ほめ方」を身につけておきたいものです。絵画や習字のコンテストで優勝した子どもに「すごいね」「偉いね」はよくあります。ただ、このほめ方だと優勝しなければほめてもらえません。「優勝」以外の〈ほめて育てる〉要素、絵画や習字の作品そのものに含まれている特徴に目を向ければ〈ほめて育てる〉ヒントがたくさん得られます。
 色使いや運筆の勢い、構図や全体のバランスなど、ほめる人が感じた「ここがいいね」「これがすごいね」「私はここが好きだよ」を伝えることが最高の〈ほめて育てる〉です。【具体的にほめる】ことが常に求められる教育の場での常識です。
 【具体的にほめる】に使える「ほめ言葉」なら他にもたくさんあります。「ありがとう」「頑張ってるね」「ナイストライ!」「いい経験になったね」などが使える場面を探してみましょう。「子ども」を「仲間」「同僚」「部下」などに置き換えると大人社会でのヒントになります。(教育学部児童教育学科教授・伊崎一夫)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年2月8日号(2359号) 2面 (8,140,633byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

いつもありがとうございます。叱り方 もお願いできないでしょうか?

そう思う 0

投稿:ナイス忠臣蔵 2020年02月07日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺