忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 赤穂の昔話
  3. 記事詳細

赤穂の昔話・第11話「コクスケ大明神」(上)

 2020年02月08日 
 
 昔、赤穂にお城ができるまで、付近は雑草が生い茂る浜辺で、そこにはたくさんの狐の家族が住んでいました。
 狐たちは、食べ物に恵まれ、誰にも邪魔されず、楽しく、仲よく暮らしておりました。
 ところが、ある日、見慣れぬ人間様が突然大勢やって来ました。
 何事がおこるのかと、狐たちは草のかげから皆不安げに見ていました。
 杭を打つ者、縄を引っ張る者、石を積む者、そして沖には大きな石を積んだ船が来ているのです。
 狐たちは、何が何やらわからず、右往左往するばかりです。どうやら赤穂の城造りが始まったようです。
 狐たちにとっては一大事です。もう自分たちの住むところがなくなるのです。
 ボスのコクスケは、だまっておりません。皆を集めました。
 「皆、こんなひどいことはないぞ。われわれの住家が壊されてしまうのだ。人間は勝手なことをする。これでは家族は離ればなれになり、年寄りは死ぬしかない。だまっておれん」
 どこかへ住家を早く変えようと、泣き叫ぶ老狐もいました。ですが、急にあるものでもありません。なんとか工事を中止してもらおうと、いろいろ意見が出ました。
 最後にコクスケが、「われわれのことを、少しも考えてくれない人間どもを追い出すために、この工事を皆で妨害しよう」と言いました。
 コクスケの決断に狐の集団は立ち上がり、築いた堤を壊したり、工事用の飲料水の水がめに汚水を入れたり、病人をつくったり、あらゆる妨害を3年余りも続けました。
 赤穂城の工事は遅れに遅れ、大変な出費となりました。(つづく)=切り絵・村杉創夢
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年2月8日号(2359号) 2面 (8,140,633byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • マガキから貝毒の可能性 県が出荷自粛要請←残念…(12/01)
  • ル・ポン音楽祭 アーカイブ動画を公開←赤穂民報(12/01)
  • ル・ポン音楽祭 アーカイブ動画を公開←H2O(12/01)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺