忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史イベント
  3. 記事詳細

塩のまち赤穂ハイク 16日開催

 2020年02月07日 
ハイキングの事前研修で塩田の水尾跡を見学するボランティアガイドのみなさん
 「日本第一」の塩の産地として日本遺産に認定されたまちの歴史を知ってもらおうと、赤穂観光協会は塩作りにゆかりのある史跡を巡るハイキングを企画。案内役を務めるボランティアガイドがこのほど事前研修としてコースを歩いた。
 JR播州赤穂駅から復元塩田施設がある御崎の赤穂海浜公園まで往復する約8キロ。コース途中で、塩の神をまつる尾崎の塩釜神社、かつて塩を運ぶ上荷舟が行き来した水尾などを見学する。
 事前研修には「播州赤穂観光ガイド協会」(鍋谷晴紀会長)の約10人が参加。同協会理事の矢部譲二さん=清水町=の先導で、見どころやペース配分、交通安全に配慮が必要な場所などを確認した。
 ハイキングは2月16日(日)、JR西日本のキャンペーン「ちょこっと関西歴史たび」特別企画の一つとして開催。参加無料で申し込み不要。参加者全員に海浜公園内の観覧車無料乗車券を進呈。当日午前9時50分に赤穂駅に集合すればよい。Tel42・2602(赤穂観光協会)。
 なお、4月以降も春・秋に開催する予定にしている。
<前の記事

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市職員給与一部カットへ 市長は年間153万円減←一般社会人(02/28)
  • 新型感染に備え休校園ガイドライン 卒業式は時短←変人(02/28)
  • 市職員給与一部カットへ 市長は年間153万円減←国道ですから(02/28)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中