忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

義士に捧げる「アコウバーガー」12作目

 2020年02月05日 
アコウバーガーのシリーズ12作目「冨森助右衛門」と鈴木誠さん
 赤穂義士の命日に合わせて毎年、四十七士の中から一人にスポットを当て、その人物にちなんだハンバーガーを考案している加里屋中洲の「あこうぱん」がシリーズ12作目となるアコウバーガー「冨森助右衛門」を新発売した。
 同店代表のパン職人、鈴木誠さん(49)が「その人に食べてもらいたい」と思いを込めてレシピを考えるアコウバーガー。今回も助右衛門の人柄やエピソードなどを書籍や文献で調べた。討ち入り前に東海道川崎宿に近い平間村(現神奈川県川崎市幸区)に逗留し、近所の農家から鶏や野菜を分けてもらって生活していたことや、母と妻、幼い長男を残して切腹したことなどからイメージをふくらませた。
 川崎宿の名物「奈良茶飯」をヒントに、炊いた玄米と茶葉をパン生地に練り込み、「家族で分け合って食べられるように」とバンズに切り込みを入れた。中にはさんだ具材は赤穂塩で味付けした鶏もも肉のテリーヌ。「子どもが好む味に」と照り焼き風味を加えた。
 冨森助右衛門は馬廻・使番200石。吉良邸には表門隊で討ち入り、大石内蔵助の命により吉田忠左衛門と共に幕府への使者を務めた。「春帆(しゅんぱん)」の雅号で俳句をたしなんだ。切腹した義士が泉岳寺に埋葬されたのは助右衛門が、仲間と一緒に亡君のそばに埋めてほしいーと願い出たためと言われている。
 「切腹のとき、助右衛門さんは涙を流したそうです。とても人間味のある人だと感じました」と鈴木さん。例年同様、出来上がったアコウバーガーを義士墓所のある花岳寺に供えてから店頭での提供をスタートした。
 1個270円で来年2月3日まで販売する。いずれの日も売り切れ次第終了。毎週月・火定休(月曜祝日は営業)。Tel42・3565。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年2月8日号(2359号) 4面 (8,140,633byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《西有年産廃》事業者と社長代理を書類送検←何の為に(03/30)
  • 定数削減要望に「現状維持」回答←いい加減(03/30)
  • 《西有年産廃》事業者と社長代理を書類送検←言い訳ですらない(03/30)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中