忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史イベント
  3. 記事詳細

市文化協会 9日に50周年式典

 2020年02月06日 
 赤穂市文化協会(萬代新一郎会長)は2月9日(日)、中広の市文化会館ハーモニーホール大ホールで創立50周年記念式典を開催する。功労者表彰、加盟団体によるステージなどで節目を祝う。
 第1部(午前10時開始)では式典に続いて市児童合唱団、市ジュニアバンドなどによるアトラクション。備中神楽舞、山鹿灯籠踊りも上演される。第2部(午後1時開始)は同協会の加盟団体が大正琴、詩吟、民謡などを披露する。景品が当たる抽選会あり。
 入場無料。当日午前11時までに入場した先着1000人に記念品(エコバッグ、記念誌、紅白餅など)と抽選券を進呈する。
 また、加盟団体による50周年記念作品展を2月8日(土)・9日(日)に同会館(展示室、ロビー)と市立図書館ギャラリーで開く。
 同協会は、市民文化の充実と振興などを目的に1969年12月に結成総会。市民文化祭や観月会のほか、姉妹都市の茨城県笠間市や熊本県山鹿市、文化交流都市の岡山県高梁市、愛知県西尾市(吉良町)との文化交流作品展を開催するなどの活動を続けている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年2月8日号(2359号) 1面 (8,140,633byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市職員給与一部カットへ 市長は年間153万円減←一般社会人(02/28)
  • 新型感染に備え休校園ガイドライン 卒業式は時短←変人(02/28)
  • 市職員給与一部カットへ 市長は年間153万円減←国道ですから(02/28)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中