忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

「今の自分必ず超えられる」トップアスリート教室

 2020年02月02日 
陸上教室で中高生を前に走りを見せる市川華菜さん
 オリンピックや世界選手権に出場経験のある現役アスリートを講師に招いた陸上教室が1日、海浜町の赤穂海浜スポーツセンターであり、中高生約100人が参加。一流選手から直接コーチを受けた。
 東備西播定住自立圏形成推進協議会主催のトップアスリート招聘事業。2009年世界選手権日本代表の和田麻希さん(33)、リオデジャネイロ五輪に男子400メートルHで出場した松下祐樹さん(28)ら、いずれもミズノトラッククラブ所属の3選手が来穂した。
 ロンドン五輪日本代表で2017年日本選手権女子100メートル・200メートル2冠の市川華菜さん(29)は着地と腕振りを意識したダッシュ練習をレクチャー。「足の裏のどの部分が一番力が伝わるか確かめて」「下を見ずに視線を前に」などと走りのコツを伝えた。
 今夏の東京五輪出場を目指す松下さんは、「目標を設定してトレーニングすれば、今の自分よりも必ず向上できる」と冬季練習に適したボールを使った体力づくりを指導。赤穂高校陸上部2年の萬代聖奈(せな)さん(17)は「きょう教わったことを意識して練習に取り組んで記録を伸ばしたいです」と抱負を話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年3月7日号(2362号) 3面 (7,494,482byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《西有年産廃》事業者と社長代理を書類送検←何の為に(03/30)
  • 定数削減要望に「現状維持」回答←いい加減(03/30)
  • 《西有年産廃》事業者と社長代理を書類送検←言い訳ですらない(03/30)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中