忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

赤穂出身作家 造形アート公募展で大賞

 2020年01月25日 
寺村サチコさんの受賞作「ラフレシアのゆめ」
 造形アートの公募展「ブリリア・アート・アワード2019」の大賞がこのほど発表され、赤穂出身のテキスタイルアーティストで赤穂観光大使の寺村サチコさん(33)=群馬県桐生市=が受賞した。
 45歳以下の個人・グループを対象に総合不動産会社「東京建物」が主催。応募作品の中から選出した入選4点を東京駅前の道路に面した同社ギャラリーに3か月単位で入れ替え展示して審査員らが作品を評価した。
 寺村さんの作品は世界最大の花とされる寄生植物をモチーフにした「ラフレシアのゆめ」。絞り染めと型染めの技法で凹凸をつけた絹布を切り貼りせずにそのまま立体に。赤いグラデーションが美しい3点一組の作品に仕上げた。
 ガラスに囲まれた展示スペースを「都市の中の温室」に見立て、「その中に育った巨大な生物」をイメージして制作。普段から主題に据える「女性の持つ美しさとその裏側に存在する毒感」を作品に込めたという。天井から吊すことであたかも宙に浮いているように展示。審査員から「グラデーションがあまりにも綺麗で、作品の花そのものに生命を感じさせる」「無機質な展示空間に独特な世界観を表現した」などと絶賛された。
 「普段と違う角度で景色や空間を見ることができれば面白いのではと考えながら制作しました」と寺村さん。「時間をかけた作品が評価されてとてもうれしいです。今後もよい作品を作れるよう精進いたします」と受賞を喜んだ。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年1月25日号(2357号) 4面 (8,496,731byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • マガキから貝毒の可能性 県が出荷自粛要請←残念…(12/01)
  • ル・ポン音楽祭 アーカイブ動画を公開←赤穂民報(12/01)
  • ル・ポン音楽祭 アーカイブ動画を公開←H2O(12/01)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺